臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

2018年9月の転職市場の状況

臨床検査技師 2018年9月の転職市場の状況

9月の求人動向

9月は求人が増える月になります。

8月はお盆もあり、人事担当者が夏季休暇を取得したり、採用する部署自体が休まれていたり、求人自体が非常に動きにくい月でした。ようやく、各部署が通常の運営状態となり、採用活動に力をいれだすのが9月になります。

9月の求人は10月~来年1月の入社を目指した求人が多くなります。早いところでは来年4月入社を目指した求人も少しずつでてまいりました。

一般企業の場合、9月は上半期の決算月となる企業が多くなります。当初の計画通り下半期に採用を積極的に行うところもあれば、上半期の決算状況によって、採用計画の見直しをする企業もあります。いずれにしても下半期がはじまる10月以降の採用を増やす企業が増えてきます。

又、夏のボーナス後に退職した方の欠員補充の求人がまだまだ活発です。欠員補充は即戦力を求める求人が多いのですが、即戦力となる人材を見つけるのは容易な事ではありません。その為、採用活動が長期化しやすい傾向があります。9月に入り、なかなか採用が上手く進んでいないところでは、選考ハードルの見直しをするところも増えてきます。

9月は求人が増えてくると同時に選考ハードルが少しずつ下がる傾向がありますので、転職活動をする時期としては非常にお勧めです。

引き続きエコー経験者などの即戦力を求める求人、検査センターの求人も増えてきております。又、企業に目を向けると、アプリケーションスペシャリスト(医療機器の販売支援)やCRC(治験コーディネーター)の求人も下半期の採用に向けて活発です。早いところでは来年4月採用に向けての動きも少しずつでてきております。

9月の転職希望者の動向

転職希望者も活発に動く月となります。

やはりこの猛暑の影響は少なくなく、秋に向けて少しずつ涼しくなる9月から本格的に転職活動を行う方が増えてきます。

又、求人動向にも記載しましたが、先月の8月中旬から下旬にかけては、採用側の動きが鈍くなっておりました。その為、選考途中の案件が本格的に動き出すのも9月に入ってからになります。その他にも、ボーナス後に退職を決めた方でまだ内定をもらえていない方、年内に就職先を決めたい方、4月から入社した方で環境に馴染めなかった方などなど、様々な理由から転職希望者が非常に活発に動く月と言えるでしょう。

経験の浅い方でも応募できる臨床検査センターやCRC、アプリケーションスペシャリストなどの選択肢が増えてくる時期です。若手の方においては検査スキルアップやキャリアチェンジを目指されるのにお勧めの月と言えるでしょう。

9月の積極採用求人

経験の浅い方から応募できる検査センターの求人、CRCやアプリケーションスペシャリストなどの企業の求人が積極採用中です。

9月の積極採用している求人

9月の転職市場のまとめ

  • 求人、転職希望者ともに増加
  • エコーなどの即戦力求人は選考ハードルが少しずつ下がる傾向
  • 経験の浅い方が応募できる検査センターの求人が増加
  • CRC、アプリケーションスペシャリストの企業求人が増加
  • 若手のスキルアップ、キャリアチェンジを目指される方にはお勧めの月

上記を参考に9月の転職活動を進めていただければと思います。

転職活動の進め方についてわからない時やお悩みの際にはいつでもコンサルタントにご相談下さい。

【無料】臨床検査技師JOBの転職アドバイザーに相談してみる

転職アドバイス – バックナンバー

ページのトップへ