臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

転職活動は積極的に行動したほうが良い理由

転職活動は積極的に行動したほうが良い理由

2016年5月23日更新

本日は転職活動は積極的に行動したほうが良いですというお話です。

よく転職サポートを受けて頂いている方で希望にある程度近い求人をご紹介しても応募に躊躇してしまうケースが見受けられます。例えば、エコー検査が学べて、年収もできれば現状維持で350万円を希望しているとします。その一方で、弊社でご紹介した求人は、エコー検査は学べますが、年収が320~340万円といった求人をご紹介した際、応募を保留にしてしまうといったケースです。

確かに希望条件と100%合致していなく応募に躊躇することはわかります。

しかし、100%希望に合致する求人のみ応募となるとなかなか転職活動は進展せず、状況は変わらないままとなります。そもそも希望に100%合致する求人は、なかなか少ないものです。給与なり通勤場所なり仕事内容なり、なんらかの条件が希望とはかけ離れているケースがほとんどです。そのため、希望条件に優先順位をつけて、転職活動を進めることをオススメします。

希望においては、絞れば絞るほど、求人に応募しやすくなりますし、転職活動においても、より多くの情報を得られることができます。情報が多ければ多いほど、転職における意志決定はしやすいものです。あくまでも体感値ですが、100%希望に合致して転職を決められた方は、全体の1~2割程度です。残りの8~9割は、なんらかの条件を絞って、転職を決められるケースがほとんどです。

また、希望とは完全に合致していなくても面接にいってみたら、求人情報だけでは見えなかった良い面も見えてくるものです。実際に見てもらったら、希望とは少し食い違っても職場の雰囲気が良く、転職を決断された事例もよくございます。そのため、応募要件が合致しており、ある程度、希望に合致しておりましたら、積極的に応募や行動を起こされることをオススメします。今回は以上です。

転職アドバイス – バックナンバー