臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

ブランクがあっても転職はできますか?

ブランクがあっても転職はできますか?

2016年1月5日更新

最近、ブランクがあっても転職や再就職はできますかといったご質問を頂きます。

そこで、本日はブランクがある場合の転職事情についてです。確かにブランク期間が長いと応募できる求人数が限られてしまい、再就職に苦戦するケースもございます。では、ブランクがあると転職は難しいでしょうか。そんなことは決してないと思いますが、過去のご経験とご要望にもよります。

例えば、過去に検体検査経験のみで、10年ブランクの後、エコー検査経験がなくこれからエコー検査を学べる夜勤のないクリニックのみを希望といった場合は、なかなか難しいかもしれません。ただ、過去にエコー検査や採血などのご経験があれば、応募を受け入れてくれる医療機関もございます。

弊社の転職事例のなかでも、過去に治験コーディネーターとして、約7年程ご経験があった方が臨床現場に戻りたいとご要望を頂きました。この方は、過去に採血のご経験があったことから、その経験を活かして、クリニックへの転職に成功されたこともございます。ブランクといっても過去に臨床検査経験が全くない場合は、難しいかもしれませんが、なにかしらの臨床検査経験がございましたら、転職を成功できる可能性はあると思います。

あとブランクがある方を比較的、受け入れて頂ける施設としまして、臨床検査センターは受け入れて頂けるようです。弊社でもブランクのある方が転職を成功している件数が多いのも臨床検査センターです。但し、臨床検査センターの場合ですと夜勤対応が出てくる可能性もございます。そのため、夜勤ができる環境であれば、臨床検査センターも視野に入れることをオススメします。

確かにブランクは転職活動において、不利な条件にはなりますが、ご経験により受け入れてくれる施設もございます。ご要望と含めて、ブランクがあっても是非、臆せずにご相談頂けますと幸いです。

転職相談はこちら

【無料】臨床検査技師JOBの転職アドバイザーに相談してみる

転職アドバイス – バックナンバー