臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

働きながら転職活動をすることのデメリット

ブログヘッダ画像

2017年5月11日更新

本日は、働きながら転職することのデメリットをお伝えしたいと思います。

デメリットとしてあげられるのは以下の通りです。

・面接の日程調整が難しい
・就業時期が遅い

と大きく分けて2つあります。

以下に、それぞれについて説明させて頂きます。

面接の日程調整が難しい

病院や企業の面接は一般的に、平日に行うところが多いです。シフト制であれば調整しやすいですが、土日休みや、日祝休みですと、有給を取っていただく場合が多いです。

有給もなかなか取れないとなるとなかなか面接の設定ができず他の候補者で話が進んでしまうこともあります。

つまり、面接の日程調整も選考の一環ということなのです。

就業時期が遅い

内定をもらってから退職となると通常、1~3か月程度時間がかかることと思います。

求人を出す側、特に医療機関では、いち早く迎え入れたいという要望が強いです。そのため、退職に時間がかかる場合は、退職日を決定してから転職活動をしたほうが、よりスムーズに転職ができるかと思います。

以上、在職時に転職活動をすることのデメリットをお伝えしました。

働きながら転職活動を行うメリットとしては

・転職理由で前向きな話ができる
・金銭面で安定している
・忍耐力がないのでは?と思われるリスクが減る

大きく分けて3つありました。

先週と今週に分けてメリットとデメリットを両方お伝えさせて頂きましたが実際に退職を申し出てから転職活動をしたほうがよいか転職先を決めてから退職の申し出をしたほうがよいかはご自身ではなかなか判断がつかない場合もあるかと思います。

迷われている際は是非ご相談ください。

【無料】臨床検査技師JOBの転職アドバイザーに相談してみる

転職アドバイス – バックナンバー