臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

ブランクがある方の転職事情について

ブランクがある方の転職事情について

2015年7月29日更新

ブランクがあっても転職は可能なのかということについてです。まず、ブランク期間が生じるよくある理由のひとつとして、家庭に入られることだと思います。今回は家庭に入っていらっしゃった方ということを前提でお話致します。

これから就職をすることはもちろん、将来的に起こり得る可能性もございますので、ご参考までにご覧ください。弊社でのブランク期間がございました臨床検査技師の転職成功事例は多くございます。

ブランクがあっても転職がしやすい求人ですが、実は臨床検査センターへの転職をオススメしております。

理由としまして臨床検査センターの場合は、ブランクがあっても、以前に臨床検査のご経験がございましたら、未経験の方よりいち早く戦力となることから歓迎しているようです。もしブランクが原因で医療機関への転職活動に苦戦しておりましたら、臨床検査センターも視野に入れてみると可能性が広がると思います。

ちなみに臨床検査センターは、エリアにより求人ニーズがあるところとないところがございます。求人ニーズの詳細は、担当しているキャリアコンサルタントにお問い合わせください。

また医療機関の場合ですとブランクも許容頂いている求人も一部ですがございます。しかし、医療機関でも病院の求人がほとんどです。そのため、オンコールや夜勤対応が求められますので、夜勤対応が可能であれば、病院への転職できる可能性は十分にあると思います。

正職員を希望しておりましたら、やはり残業対応や医療機関であれば、夜間対応が可能なことが前提となります。家庭との両立を図れるかどうかのポイントは、育児をはじめ、周りのサポート環境が整っているかです。

どうしても時間の制限を優先であれば、再就職のリハビリも兼ねて、まずは勤務時間や日数が少ない非常勤をオススメします。

最後にブランクがあっても転職の可能性は十分ございます。しかし、希望条件が多いほど転職成功は難しくなるため、希望条件を絞って探されたほうが転職を成功する可能性が高くなります。もしブランクによって転職活動に苦戦しておりましたら、是非、ご相談ください。

【無料】臨床検査技師JOBの転職アドバイザーに相談してみる

転職アドバイス – バックナンバー

ページのトップへ