臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

女性の転職 – 「子育てに配慮してほしい」の上手な伝え方

「子育てに配慮してほしい」の上手な伝え方
「子育てに配慮してほしい」の上手な伝え方
臨床検査技師のNさん

大阪府在住|32歳・女性
臨床検査技師のNさん

産休・育休復帰後、1年間は時短勤務で働いていましたが、常勤で勤務を続けるには当直が必須で…子育てと仕事の両立を考え、転職活動をはじめました。
現在、3歳の子供がいます。面接で、子育てに配慮してほしいことについて、どう伝えればいいでしょうか?

ご自身のキャリアを考えて「正社員として働きたい」という気持ちと「お子さんを育てながら当直はできない」というご家庭の事情で、転職活動を検討されていたNさん。

ご自身でもいくつか応募されていましたが、「子育てのフォローができない」というご理由で、お見送りになっていました。

ご相談頂いた時のご希望は、

  • 日勤のみ
  • 日祝休み(できれば土曜も…)
  • 子育てに理解がある職場
  • 自宅から通勤30分以内

の4つ。

特に、今までのご自身の転職活動の経験から「子育てに対する理解があるかという点を重視したい」とのお話を頂きました。

まず、ご自身の環境を整えましょう

「子育てに理解を」と一口に言っても、ご家庭の事情は人それぞれです。例えば、お子さんが病気になったとき。

  • ご自身しか看病できる人が居ないのか
  • 旦那さんと分担できるのか
  • 他のご家族の手助けがあるのか

その方の状況によって、勤務先のフォローも変わってきます。

そこが具体的になっていないと、勤務先としても「どこまで仕事を任せられるのか」「ほかの技師さんにどこまでフォローをお願いすればいいのか」がわかりません。

Nさんが入職されてから『どんな風に活躍してくれるのか』が想像できないということです。

これは、転職活動では致命的なダメージになります。

事前に話し合いをすることで、入職後のイメージを固める

Nさんにはまず、ご家族に転職活動についてご相談して頂きました。

  • 保育園のお迎えの分担について
  • 急な呼び出しがあったときの対応について
  • ご夫婦それぞれのご両親に、フォローをどこまでお願いできるかの確認

特に上記の3点はしっかりとお話されるよう、おすすめしました。

これが具体的になると「応募先にどんな配慮をしてほしいのか」も具体的になります。そうなると、応募先としてもご入職後のイメージがしやすくなるのです。

応募先にネガティブな印象を、与える表現をしない

もう一つ、転職活動を進めるにあたってNさんにお話ししたことがあります。それは、「応募先にネガティブな印象を与える表現をしない」ということ。

ネガティブな表現とは?

Nさんは検査技師としてのスキルが高い方でしたが、ご自身からはスキルに関するお話が出てきませんでした。

それまでの転職活動がうまく進んでいなかったので、スキル面にあまり自信を持てない様子。

「子供がいて迷惑をかけてしまうけど、そんな私を受け入れてくれる病院があれば…」

とおっしゃっていました。

一方で、検査技師としてさらに知識を身につけたい、という向上心の非常に高い方で、「経験のない心臓のエコー検査を教えてもらいたい」というご希望もありました。

転職活動で、このようなご自身の考えをどう応募先に伝えるか、が非常に重要なポイントになります。

「してほしい」ではなく、「これができる」をアピールする

まず、1つ目の『子供がいて迷惑をかける』という表現。

『迷惑をかける』は、どう見てもネガティブな表現ですよね。

さらに、「そんな私を受け入れてくれる病院があれば…」という考え方も、転職活動の場では相応しくありません。

謙虚すぎると逆効果に

一見、謙虚で日本人らしい言い回しに見えます。

しかし、転職活動(面接)は、応募先に「Nさんと一緒に働きたい!」と思ってもらうためのアピールの場。謙虚すぎると逆効果になってしまいます。

2つ目の「新しいことを教えてもらいたい」というのも同様です。どんなお仕事でも、日々新しいことを学んで成長していくことが大切。

ですが、転職活動の場面では、「教えてもらいたい」よりも「学んでいきたい」の方が、より向上心や意欲の高さを伝えることができます。

まとめ

自分の環境を整える

毎日の送り迎えや病気の時の対応をどうするかなど、「子育てと両立するための環境」を整えましょう。

そして、応募先にどの点について配慮してほしいのかを明確にしましょう。

「ネガティブな表現」は厳禁!
できることを中心にアピール

転職活動で共通する選考ポイントは、

  • 入職後、どんな風に活躍できるのか
  • 検査技師として長く活躍してくれるのか

の2点。

謙虚になりすぎると、この2点が正しく応募先に伝わりません。ご自身が今できること、将来どうなりたいのか、の2点をしっかり整理しておくと良いですね。

今回のNさんの場合

今回のNさんの場合

環境を整える

ご主人や、近くにお住まいの実のご両親と相談し、以下のように役割分担を改めました。

  • ご主人が朝、保育園まで送ってくれるので出勤時間が早められる
    =通勤可能時間が伸びたため、応募できる案件が増えた!
  • どうしても夫婦で看病できないときは、ご両親にお願いできることになった
  • 近隣の病児保育施設に見学に行き、万が一の時には利用できるように手続きを行った

この3つの準備をしたことで、面接の場で自信をもって「子育てと両立できるよう、準備しています」と伝えることができるようになりました。

Nさんが自信をもってお話できるようになったことで、面接の場での印象もよくなりました。

志望動機などの表現方法を変えた

「こうしてほしい」ではなく、「これができる」「この点では貢献できる」という伝え方に変えたことで、応募先が「入職後のNさんの姿」をイメージできるようになりました。

更に、この転職活動を進める中で改めて「検査技師としてスキルアップしたい」というお気持ちが強くなったNさん。

それを志望動機や面接の場でアピールすることができ、無事にご希望に近い健診施設で内定をゲット!今もご活躍されています。

仕事との両立に悩んでいる方は…

「子育て」はまだ女性が主役になる風潮が強いので、お仕事との両立に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

また、各ご家庭それぞれで状況や問題点が異なりますので、「こうすれば絶対大丈夫!」という正解パターンもありません。

\ 私の場合はどうなる?という方は/

ページのトップへ