臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

2018年8月の転職市場の状況

臨床検査技師 2018年8月の転職市場の状況

8月の求人動向

8月は季節的に大きなイベントも少なく、新たな求人がでにくい月でもあります。

唯一の季節的なイベントとなりますとお盆がございます。お盆期間は「8月13日~16日」になりますので、この期間は病院やクリニックなどの医療機関、或いは企業においても休業日としているところが多くなります。当然、この期間は採用活動がストップしますので、お盆期間のある8月は求人の動きが鈍くなる時期と言えるでしょう。

ただ、エコー経験者などの即戦力を求める求人は引き続き急募の状況です。

又、検査センターの求人も少しずつ増えてきております。新卒の研修が一区切り付き、正式なラボやブランチに配属となる事により、人員不足のエリアもでてまいります。又、多くの新卒の臨床検査技師が入社する検査センターにおいては、一定の割合で退職者もでてまいります。検査センターへの転職をお考えでしたら、求人動向を少しずつチェックしておくと良いでしょう。

8月の転職希望者の動向

転職希望者も夏季休暇の時期となりますので、お盆の帰省やお子様の夏休みと併せて家族旅行に出かける方もいらっしゃるかと思います。又、この猛暑という事もあり、体力的にも気分的にも転職活動を控える方もいらっしゃいます。その為、転職希望者の動きも鈍くなる月と言えるでしょう。

先月から引き続き選考中の方もいらっしゃると思いますが、この時期は採用側の動きも鈍くなりがちですので、選考期間は少し長くなると思った方が良いでしょう。

とはいえ、この時期に積極的に募集をかける求人もございます。こういった求人は、一般企業の10月入社を目指した求人、もしくは、欠員補充の緊急度の高い求人が多くなります。その為、通常月よりも選考ハードルが下がる可能性がございますので、8月の転職活動は応募先によってはチャンスとなるかもしれません。競合他者の状況をチェックし、あえて積極的に転職活動を行うのも良いかもしれません。

8月の積極採用求人

エコー経験者向けの即戦力を求める求人が引き続き急募。
検査センターの求人が増加傾向。

8月の積極採用している求人

8月の転職市場のまとめ

  • お盆期間により採用活動、転職希望者の動きが鈍化
  • 選考期間が長くなる事を想定した転職活動を
  • エコー経験者向けなどの即戦力求人は引き続き急募
  • 検査センターの求人が増加傾向
  • 競合他者が少ない為、応募する求人によってはチャンス

上記を参考に8月の転職活動を進めていただければと思います。

転職活動の進め方についてわからない時やお悩みの際にはいつでもコンサルタントにご相談下さい。

【無料】臨床検査技師JOBの転職アドバイザーに相談してみる

転職アドバイス – バックナンバー

ページのトップへ