臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

退職の意志を伝える前に

退職の意志を伝える前に

2016年6月22日更新

本日は退職の意志を伝える前に是非、ご相談してくださいというお話です。

最近、転職相談を頂くなかで、退職におけるご相談が増えております。これを退職の申し出をする前に事前にご相談を頂ければよいのですが、事後にご相談頂くケースもございます。確かに転職活動を行うなかで、退路を断って転職活動を行うことは、入職時期も明確にしやすいため、悪いことではございません。しかし、決まった退職日までに新しい転職先が決まらない場合、無職となり、収入が途絶えてしまうリスクもございます。そのため、一般的には新しい転職先が決まり次第、退職の申し出をしたほうが収入が途絶えるリスクを回避できるためお勧めをしております。

一方、先に退職の申し出をしたほうが良い場合としましては、退職までに内定後3ヶ月以上かかり、転職市場のニーズとご自身の希望が合致している場合です。転職市場のニーズとご自身の希望が合致した場合についてですが、これは、志望する仕事内容に対してのご経験の有無についてです。例えば、超音波検査のご経験があり、今の年収が300万円程度なので、少しでも年収を上げたいといったことです。

ただ、内定の期間が3ヶ月以上かかるけど転職市場のニーズとご自身の希望が合致していない場合は、退職の申し出はよく考えてからご決断したほうがよいでしょう。そのため、退職の申し出をお考えであれば、その前に一度、ご相談頂けますと幸いです。

【無料】臨床検査技師JOBの転職アドバイザーに相談してみる

転職アドバイス – バックナンバー

ページのトップへ