臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

内定獲得後における意志表示の注意点

内定獲得後における意志表示の注意点

2016年2月4日更新

本日は、内定獲得後における意志表示の注意点についてです。

まず無事に内定を獲得後、内定に対するお返事を保留できる期間は、大体1週間程度です。お返事を保留できる期間を延ばすこともできますが、延ばせても2、3日程度のところがほとんどです。意志表示を保留する理由は様々ですが、良く聞く理由としまして、他求人条件と比べたいということを伺います。その他の理由として、内定受諾の決断に迷ってしまうということも挙げられます。

内定に対する意志表示のお返事が遅れてしまいますと他の候補者がいる場合、最悪のケースとして内定辞退扱いとなる可能性もございます。

内定が出てから考えるというお気持ちもわからなくはないのですが、内定が出てからですと期限が定められてしまい、焦って決断してしまうかもしれません。このようなことにならないためにも、面接が終わったタイミングで、内定が出たらどうするかということを事前に考えておきましょう。併願応募にて進めている場合は、あらかじめ優先順位をつけて、転職活動に臨まれると内定後に決断がしやすいようです。

そのためにも転職をされる目的がどのくらい明確になっているかにより優先順位もつけやすいと思います。もちろん求人上と面接対応後で、優先順位が変わるということもあるかと思いますので、その辺りで迷われましたら、是非、ご相談ください。

【無料】臨床検査技師JOBの転職アドバイザーに相談してみる

転職アドバイス – バックナンバー