臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

「本当に自分がやりたいことに気づきました。」クリニックへの転職で、年収アップに成功!

性別
女性
年齢
20代
お住まい
東京都
スキル
生理機能検査(心電図、呼吸機能検査、採血)2年半、超音波検査(心臓)2年

転職を考えた理由

総合病院で生理機能検査、心エコーに関わっていましたが、エコーは件数が少なく一週間関わらないこともある状況でした。

他の部位を学べることを期待していましたが先が見えず、もっと心エコーの件数を積めるとともに他の部位も学べるチャンスがある環境を求めていました。

ご希望給与については特に強いご希望は無く、大きな不満をお持ちではありませんでした。

昇給がしっかりしている施設であれば、「給与にこだわらずエコーのスキルアップをしたい」ということが転職理由でした。

転職の希望条件

希望条件
雇用形態
正職員
仕事内容
生理機能検査全般、超音波検査(心臓、他部位)
身につけたいスキル
心エコーの件数を積める、将来的に他部位のエコー経験を積む
希望給与
月給20万(現職と同等、しかし昇給があればダウンも考慮)
休日
週休2日
夜勤
なし、日勤のみ
オンコール
なし
残業
こだわりなし

キャリアアドバイザーからの提案・転職成功の理由

提案内容

最初に、エコーのスキルアップをできることが最優先なのか、また他にも転職を通じて実現したいことは無いのかを時間をかけてヒアリングしました。

キャリアのゴールや希望条件の整理がしっかりとできていないと、応募や入職をする・しないの判断基準がぶれて、勘に頼ることになってしまう恐れがあるためです。

その上で、突き詰めて考えると予防医学への興味が大きいことにご本人が気付き、健診業務を中心としたクリニックの求人を中心に提案することでお互いに納得ができました。

また、給与は強いこだわりをお持ちでありませんでしたが、相談のうえで「現職と同等以上」としました。

給与はご内定時に院内規定で決まるものの、希望額を選考時にお伝えしないとあとから交渉することが難しいためです。

多少のダウン考慮であっても受け入れるご検討してみますとのお気持ちでした。

ただ、現職と同等以上であればご希望としては決して高望みではなく、施設に伝える際も失礼ではないことも過去の転職事例を踏まえてご説明しました。

転職成功の理由

ご希望が明確になったことで、応募対象となる各求人に応募する・しないの検討期間も短く、スムーズに選考を進めることができました。

中途採用においては、施設はご応募が早い方から順に選考を行います。

そのため、募集開始から応募までの期間が合否に与える影響は大きいのは事実です。

ご検討期間が短く、希望もしっかりされていることから志望動機もスムーズに作成することができたことも内定の大きな要因でした。

また、興味を持った求人は積極的に応募、併願することをお勧めしました。

実際、面接と見学を通じて複数の施設を比較できたことと、希望給与を伝えていたことから残業代を除いた固定額で月給約20%アップの内定をいただいた施設からの内定を受領されました。

ご本人が予想するよりもアップ額は大きく、業務内容や施設の雰囲気もご希望とマッチしていたことから迷うことなく内定を受領されました。

尚、希望給与を「現職と同等以上」としたことについては、各応募先施設ともにそれが選考の足枷になることは一切なく、しっかりと伝えて良かったとご感想を頂きました。

転職後の環境

転職前
転職後
勤務先
総合病院 クリニック
雇用形態
正職員 正職員
仕事内容
外来患者への生理機能検査(生理機能検査(心電図、呼吸機能検査、採血))、超音波検査(心臓) 外来患者、健診者への生理機能検査(心電図、眼底・眼圧、肺機能、聴力、血圧)、超音波検査(腹部・乳腺・頚動脈・心臓)
給与
月給20万 月給24万
休日
土曜、日曜 日曜、祝日他、月8日休み
夜勤
なし なし
オンコール
なし なし
残業
月平均10時間 月平均20時間

キャリアアドバイザーより

ご自身での直接応募による転職活動の場合、「希望給与を正直に伝えて良いのか?」「アップを希望の場合、どのくらいの額が相場なのか?」など、お悩みになると思います。

給与は内定時に提示されますので、応募前に施設に問い合わせても具体的な回答を得られることはほとんどありません。

そのため、希望給与についてはダウンした場合も含めて、下限など希望額をはっきりと決めておくことをお勧めします。

臨床検査技師JOBでの転職成功事例!

ページのトップへ