臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

Q&A 臨床検査センターについて

Q&A 臨床検査センター

臨床検査技師が企業へ転職する選択肢のひとつとして、検体検査経験が活かせる臨床検査センターでのお仕事がございます。
ここでは、初めて臨床検査センターに転職する上で、よく聞かれる質問をとりまとめてみました。

臨床検査センターへの転職に関するよくある質問

Q&A 臨床検査センターへ転職に関するよくある質問

Q1:臨床検査センターはどのような職場ですか?

A1:検査センターで働く場合と病院で働く場合により、職場の雰囲気は変わります。
検査センターは、基本的には仕事量が多く、忙しい職場だと言われております。基本的には検査センターにまわってきた検体を分析器にかけて、検査機器を扱うことが中心となります。もくもくと仕事をこなしていく職場ですので、コツコツと仕事をこなすことが得意な方は向いております。

ただ、24時間動いている臨床検査センターが多いことから、夜勤を含むシフト制で動くことが多い為、夜勤手当がもらえることから給与は高くなる半面、勤務時間も不規則になることは覚悟したほうがよいでしょう。病院へのブランチラボに関しては、病院の検査室により職場変わってきますが、特徴としまして、臨床検査センターと比べて、夜勤が少ないことが特徴としてあげられます。併せて、勤務地もご自宅から考慮される点もあり、臨床検査センター内での勤務に比べ、働きやすい環境といえるケースが多いようです。

Q2:臨床検査センターへの未経験から就業した場合の平均給与はどれくらいですか?

A2:臨床検査の経験有無により変わってきます。

臨床検査経験がある方ですと、月の給料が22万円からとなります。臨床検査経験が未経験の場合は、おおよそですが、月の給料が18万~20万円というところが多いようです。(それぞれ残業代は別途支給ありのところが多いです。)
賞与に関しては、会社の業績給となりますが、大体年間で2か月~4か月というところが多いようです。これらを合算すると臨床検査未経験の方の場合の年収は252万円~、対して、臨床検査はあるものの臨床検査センター未経験の場合ですと308万円~、賞与が高いところですと352万円くらいからのところあるようです。

Q3:臨床検査センターで働く臨床検査技師の平均残業時間はどれくらいですか?

A3:臨床検査センターとブランチラボで働く環境により変わってきます。
臨床検査センターは、基本的には仕事量が多く、忙しい職場のですが、臨床検査技師の方はシフト制で勤務していることから月平均の残業時間は20~30時間程度といわれております。業務量が多く、時間内に終わらなかった分は対応することが多いので、その分残業になりやすいようです。

一方で病院へのブランチラボは、配属される病院の検査室によりますが、残業はそれほど多くないところがほとんどのようで、こちらは月平均10時間以内のところが多いようです。

Q4:臨床検査センターは土日祝日にお休みですか?

A4:臨床検査センターとブランチラボにもよりますが、一般的には日曜と祝日休みのところは多いのですが、土曜出勤となっているところは多いようです。
月の休日日数は6~9日のところが多いみたいです。また年末年始や夏休みが頂けるところもあり、年間休日は95~105日のところが中心となるようです。

Q5:臨床検査センターは夜勤の頻度はどれくらいですか?

A5:臨床検査センターとブランチラボにもよりますが、臨床検査センターの方が頻度は多いようです。
臨床検査センターはシフトによりますが、大体月の半分以上は夜勤での勤務になるようです。

またブランチラボにおきましては、病院にもよりますが、夜勤当直で対応するケースがあるようです。ただ、月平均で2~3回程度となりますので、臨床検査センターに比べると夜勤の頻度が少ないと言えるでしょう。

Q6:臨床検査センターは家庭と仕事の両立が可能ですか?

A6:臨床検査センターとブランチラボにもよりますが、ブランチラボ勤務の方が家庭との両立が図りやすいようです。
とわいえ、臨床検査センター勤務でも会社により、早上がりのシフトなど相談に応じてくれる企業もありますので、確認されてもよろしいかと思います。

Q7:臨床検査センターは男性の応募は難しいでしょうか?

A7:男性大歓迎です。
臨床検査センターは、シフト勤務で夜勤も発生するケースも多い為、男性の臨床検査技師が歓迎されるケースが非常に多いようです。毎日いろいろな検査データに向き合える為、検体検査のスキルを磨きたい方や専門性を身に着けたい方には大変オススメですよ。

Q8:退職日が決まっておりませんが、臨床検査センターの応募は可能でしょうか?

A8:もちろん応募可能です。
臨床検査センターへの転職時期に関しては、ほとんどの臨床検査センター企業が2~3カ月くらいでしたら、入社をお待ち頂けるようです。また、4月入社の採用においては、3ヶ月以上前の12月から採用活動をはじめるケースもあるようです。もし3ヶ月以上かかるようでしたら、臨床検査センター企業へ交渉することも可能ですので、担当のキャリアコンサルタントとご相談ください。

Q9:臨床検査センターは、何歳くらいまででしたら応募可能ですか?

A9:臨床検査センター業界未経験であれば、40代くらいまでの応募が可能です。
臨床検査業務未経験となりますと20代くらいまでとなるケースが多いようですが、臨床検査業務を経験しておりましたら、ブランクを含めて挑戦することは可能です。先日も40代後半の方で、ブランク10年の方も臨床検査センターへの転職が決まっておりますので、臨床検査センター企業への転職にご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

Q10:臨床検査センターの面接回数は何回くらいありますか?

A10:臨床検査センターの面接は1回のところがほとんどのようです。
極稀に面接2回行うところもありますが、ほとんどの臨床検査センター企業は面接1回というところがほとんどですので、事前に面接準備が必要となってきます。臨床検査技師JOBに無料登録や臨床検査センターへの求人応募されると面接前のアドバイスなども無料で行っておりますので、是非ご活用ください。

Q11:ブランチラボってなんですか?

A11:直訳すると検査センターの出向先です。言い換えますと病院に設置された臨床検査センターのことです。つまり勤務先は出向先の病院が勤務となる為、臨床検査センターの営業所やラボにいくことはほとんどございません。

Q12:生理機能検査には携われますか?

A12:検体検査専門の部署となる為、生理機能検査には携われません。また所属が病院ではなく、企業の所属となる為、異動もございません。

Q13:ブランチラボ間の異動頻度について

A13:これは所属する臨床検査センターにより異なりますが、1~3年単位で異動するところもあれば、5年以上異動がない企業もございます。各企業における特徴におきましては、弊社にて情報を所有しておりますので、各キャリアコンサルタントにお問い合わせください。

Q14:ブランチラボの所属人数について

A14:これも病院により異なりますが、1~8人以上程度と幅広いようです。病院の規模や検体処理件数により配属人数が異なります。

Q15:ブランチラボの担当施設数について

A15:通常1施設のみを担当となるケースが多いようですが、繁忙時期により、2施設掛け持ちとなるケースもあるようです。

Q16:残業について

A16:これも配属先病院により異なりますが、ラボラトリーと比べて、平均残業時間は月10時間以内と少ないところが多いようです。

Q17:入社後の配属先病院について

A17:基本的には臨床検査センター側のニーズにより決まりますが、求職者様の希望は柔軟に対応頂くケースもございます。
とはいえ、これまでの弊社から内定を頂いた方の平均を見ますとご自宅からおおよそ30分~45分圏内の病院へ配属となることが多いようです。

Q18:ブランチラボのみ希望で応募可能ですか

A18:可能です。ただし、希望するエリアにブランチラボのニーズがない場合は、ラボラトリー勤務にて、先方よりご提案が来るケースもございますので、担当のキャリアコンサルタントにご相談ください。

【無料】転職アドバイザーに相談してみる♪

ページのトップへ