臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

Q&A アプリケーションスペシャリストについて

Q&A アプリケーションスペシャリストについて

臨床検査技師が企業へ転職する選択肢のひとつとして、アプリケーションスペシャリスト(営業支援)のお仕事がございます。
ここでは、初めてアプリケーションスペシャリスト(営業支援)職に転職する上で、よく聞かれる質問をとりまとめてみました。

アプリケーションスペシャリスト(営業支援)のよくある質問

Q&A アプリケーションスペシャリスト(営業支援)のよくある質問

Q1:アプリケーションスペシャリスト(営業支援)のお仕事が、なぜ臨床検査技師の資格や経験が役に立つのですか?

A1:臨床検査技師で勉強する知識と病院やクリニックで使用する検査機器の使用経験が役に立ちます。
アプリケーションスペシャリスト(営業支援)は、医療機器メーカーの営業が製品に関して、説明しきれない部分を説明のサポートを行います。臨床検査技師の資格を所有されている方が製品の説明されるとクライアントの医療機関側も納得するケースが多く、企業ニーズが高くなっているようです。

Q2:アプリケーションスペシャリスト(営業支援)の未経験から始めた時の平均給与はどれくらいですか?

A2:臨床検査技師有資格者かつ未経験者の場合、年収360~400万円が平均的です。
主に首都圏におけるアプリケーションスペシャリスト(営業支援)の月収は、おおよそ月収23~26万円+残業代、賞与が4カ月程度といったところが多いようです。地方都市及び地方エリアとなりますと、月収21~24万円+残業代、賞与は4か月といったところがよく見受けられます。メーカーでの勤務となりますので、退職金をはじめとする福利厚生は手厚いところが多いようです。

Q3:アプリケーションスペシャリスト(営業支援)の月平均残業時間はどのくらいですか?

A3:アプリケーションスペシャリスト(営業支援)の月平均残業時間は20~40時間くらいです。
残業が発生するケースとしましては、遠方への医療機関へ移動しているケースをはじめ、帰社の後、翌日のプレゼン準備やクライアント対応などが挙げられます。

Q4:アプリケーションスペシャリスト(営業支援)は土日祝日にお休みですか?

A4:基本的には土日休みのケースが多いようです。
医療機器メーカーのお休みに準じますので、アプリケーションスペシャリスト(営業支援)も、土日祝日が基本的にお休みのところが多いです。
ただ、担当するクリニックによっては、土曜日に出勤が発生するケースもございますが、その際は代休が取得でき、休暇の体制が整っているところが多いようです。病院やクリニックに比べて、休暇が多いのは特徴です。

Q5:アプリケーションスペシャリスト(営業支援)は夜勤はありますか?

A5:基本的に夜勤はございません。
病院や検査センターと違い、夜間対応が必要なく、医師や被験者対応が日中での対応がほとんどの為、夜勤は発生しません。

Q6:アプリケーションスペシャリスト(営業支援)は子育てと仕事の両立が可能ですか?

A6:可能ですが、育児のサポート体制は必要不可欠です。
産休や育休の制度が整っているところは多いようですが、現場への復帰後、家庭環境において、家族など子育てのサポートがある程度整っていないとアプリケーションスペシャリスト(営業支援)の仕事と両立は、なかなか大変のようです。

Q7:アプリケーションスペシャリスト(営業支援)職に女性の応募は難しいでしょうか?

A7:女性の応募は可能です。
むしろ企業のニーズとしましては、女性の方が説明する際に印象が良かったりするケースも多々あることから、女性の臨床検査技師のニーズは高いようです。もちろん、男性からの応募も歓迎です。

Q8:退職日が決まっておりませんが、アプリケーションスペシャリスト(営業支援)の応募は可能ですか?

A8:もちろん応募可能です。
転職時期に関しては、ほとんどの医療機器メーカーは2~3カ月くらいでしたら、入社をお待ち頂けるようです。入社時期も特に決まった時期はないようです。ただ、3ヶ月以上かかるようでしたら、担当のキャリアコンサルタントとご相談ください。

Q9:アプリケーションスペシャリスト(営業支援)は未経験です。何歳くらいまででしたら応募可能ですか?

A9:未経験の場合は35歳くらいが目安となります。
一般的な医療機器メーカー企業の未経験の場合ですと35歳くらいまでが多いようです。ただ、急募のエリアに関しては40代前半くらいまでなら可能性もございますので、ご相談ください。

Q10:アプリケーションスペシャリスト(営業支援)の面接回数は何回くらいありますか?

A10:2~3回の面接で合否が出るところがほとんどです。
一般的な企業面接となりますので、通常2~3回の面接で合否を判断する企業がほとんどです。ただ、病院の面接と違い、会話のキャッチボールができるかなどのコミュニケーション能力やアプリケーションスペシャリスト(営業支援)職に対する意欲を見られますので、しっかりとした準備が必要です。

面接準備についてはこちら

【無料】転職アドバイザーに相談してみる♪

ページのトップへ