臨床検査技師の求人や転職情報なら、臨床検査技師JOB

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師の資格が活かせる場所としましては、主に病院をはじめ、病床を持たないクリニックや健診センター、病院などから臨床検査業務を代行している臨床検査センターがございます。病院やクリニック以外のお仕事として、直接患者さんに対して検査行為は行いませんが、臨床検査技師の検査値変動の読み取る知識が活かせる治験コーディネーター(CRC)をはじめ、臨床開発モニター(CRA)の治験業界や医療機器メーカーでの営業サポートがございます。

臨床検査技師の仕事一覧

病院でのお仕事

病院の規模や配属部門により違いがありますが、血液、尿、痰などを調べる一般的な検体検査と超音波、心電図、脳波測定、眼底検査などの生理機能検査を病院内の検査室で行っているのが一般的です。

それ以外の特別な病気が疑われる場合、病院には備えていない特別な試薬を必要とする特殊検査は検査センターに発注いたします。

病院では、患者の人数、患者の病状など多種多様であり、又、救急患者も運ばれてくる為、大至急の検査が重なる事もあれば、新患の対応で忙しいときもあります。

その為、同時に幾つもの作業をこなす必要があり、機械の精度があがったとしても、豊富な経験と知識に裏付けられた臨床検査技師の人的能力に頼るところは非常に大きくなります。

クリニック・健診センターでのお仕事

小規模で機動力を生かした業務を行っておりますので、一人の臨床検査技師に求められる業務内容は多岐にわたります。

採血や血液、検尿、検便などの一般検体検査、腹部エコー、心エコー、脳波検査、聴力検査、肺機能検査などの生理機能検査の対応など幅広い業務を行います。

特に予防医療の重要性が高まっている昨今では、健診センターにおいて臨床検査技師を常駐させるケースが増えてまいりました。

健診センターは健康な人の病気を発見する事が使命ですので、発見した病気のその後の経過を知る事ができません。

又、健診センターに来る方は、患者様ではなく健康なお客様です。

サービス業だという認識を強く持ち、接客態度にも気を配る必要がある職場です。

臨床検査センターでのお仕事

民間企業が運営する臨床検査センターがほとんどで、検査設備を持たない小さな病院やクリニックから血液や尿、細胞などの検体を預かって、検査を代行するのが主な仕事になります。

言い換えると、病院の検査業務を外注で請け負っているようなイメージです。

病院などと比べると検体検査の数が多く、又、高い精度を求められる為、データを読むという点では臨床検査技師としての高い技量を身につけられる職場といえるでしょう。又、遺伝子検査など病院では出来ない特殊検査を行っているのも特徴です。

「ブランチラボ」として病院検査室運営の委託を行っている企業もございます。検査センターに所属しながら、委託先の病院検査室で各種検体検査を行っていただきます。

治験関連企業でのお仕事

1、治験施設支援機関(SMO)

製薬メーカー(治験依頼者から)から治験業務を依頼された病院やクリニックと契約し、治験業務を支援する企業のことを言います。

いわゆる、病院から治験業務を請け負うアウトソーシング企業です。

病院の治験業務が適切に行われるように、被験者や医師をはじめ医療現場、そして治験依頼者の間に入って全体をコーディネートして調節を図る役割を担うのが、CRC(治験コーディネーター)というお仕事になります。

治験コーディネーター(CRC)業務の中でも被験者の臨床検査値を把握し、有害事象をいち早くキャッチし医師への助言、症例報告書の作成を行うことも重要な仕事になります。

臨床検査技師の検査値変動の読み取る知識が活かせる仕事です。

2、医薬品開発業務受託機関(CRO)

医薬品の開発において、製薬メーカー(治験依頼者)が行なう治験に関わる様々な業務の全てまたは一部を代行・支援する企業のことを言います。

いわゆる、医薬品開発業務のアウトソーシング企業です。

その中において各医療機関が適切に治験業務が行われているかどうかを監視、確認する仕事、CRA(臨床開発モニター)というお仕事がございます。

CRAは臨床試験という科学的エビデンスに加えて、GCP(医薬品の臨床試験の実施に関する省令)や治験実施計画書に基づいた品質管理の正確性や医師とのコミュニケーション能力といった側面も問われるため、臨床検査技師の特殊性を活かせる仕事となっております

医療機器メーカーにおけるアプリケーションスペシャリストのお仕事

企業で働く臨床検査技師としまして、製薬会社で検査試薬やワクチンの開発・製造に携わる仕事や医療機器メーカでの検査機器に付随する仕事、保健所で公衆衛生にかかわったり、デパートなど商業施設にある食品売り場や飲食店での衛生指導をしたりといった活躍の場もあります。
特に昨今の企業からのニーズが高いアプリケーションスペシャリスト(営業支援)の仕事内容について詳しく解説しております。

臨床検査技師の施設別のお仕事内容は理解できましたか?

転職してから「こんなはずじゃなかった!」とならないように、希望の施設の仕事内容を理解しておくことはとても重要です。
臨床検査技師JOBでは、たくさんの臨床検査技師さんの転職支援を行ってきたからこそ、施設別の仕事内容・お給料・プライベートの充実などのメリットデメリットについて詳しくご案内が可能です。
「この施設の仕事内容を詳しく知りたい!」など興味を持たれた方は、ぜひ下記のボタンから転職支援にお申込みください。

  • お祝い金
  • 臨床検査技師限定!あなたの年収、適正ですか?年収査定スタート
  • 最新の転職成功事例、書類・面接対策 臨床検査技師JOB通信
  • 学校では教えてくれない情報満載!! 【新卒版】臨床検査技師JOB通信

公式SNS

臨床検査技師JOB公式facebookページ
臨床検査技師JOB公式twitter

キャリアチェンジ

臨床検査技師経験を活かして、別の職種にチャレンジ!

  • CRCJOB

万全の個人情報管理

プライバシーマーク
  • 超音波セミナーなら
    usism