臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

臨床検査技師になれる学校

臨床検査技師になるには、国家試験に合格し国家資格を取得しなければなりません。

国家試験の受験資格を得るためには、臨床検査技師養成課程のある学校へ進学し、定められた過程を修了することが必要です。

学校には3年制の短大や専門学校、4年制の大学があり、さらに大学院へ進学する人も増えています。

それぞれの特徴を理解し、自分に合った学校を見つけましょう。

目次

臨床検査技師になれる大学・短大一覧

4年制大学では、臨床検査に必要な知識の他に、一般教養から高度な分野まで幅広く学ぶことができます。

卒業研究や論文の作成では、問題解決能力やプレゼンテーション能力などを身につけることも可能です。

また、就職先によっては学歴を重視する場合があります。

大学を卒業すると学士の称号が得られるため、将来働くことができる場所や職種の可能性を広げたい方は大学をお勧めします。

臨床検査技師を目指す短大は3年制なので、大学よりも1年早く国家試験に挑戦することができます。

そのため、早く社会に出て臨床経験を積みたいという方にはお勧めです。

しかし最近では、短期大学から4年制の大学へと移行している学校が増え、短大そのものの数は減少傾向にあるため注意してください。

では、臨床検査技師になれる大学・短大一覧を見て、自分に合った大学を探してみましょう。

臨床検査技師になれる専門学校一覧

専門学校も短大と同じ3年制で、臨床検査技師に必要な知識と技術を効率的に学びます。

国家試験対策を重視した教育を行い、学生一人ひとりへの就職支援が手厚いことから、国家試験合格率や就職率の高い学校が多いです。

国家資格の取得をメインに考え、卒業後すぐに即戦力として働きたいという方は専門学校をお勧めします。

では、臨床検査技師になれる専門学校一覧を見て特色や学費を比較し、自分に合った学校を見つけましょう。

臨床検査技師の大学院への進学

最近では、臨床検査技師の国家資格を取得しても、さらに大学院へ進学するという人が増えています。

理由は、大学で学ぶ知識よりもさらに高度な専門知識を得たい、もっと深くまで研究をしたいなど人それぞれです。

大学院に進むことのメリットやデメリット、就職先などについてまとめたので、大学院への進学を悩んでいる人はぜひご覧ください。

ページのトップへ