臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

臨床検査技師のための退職交渉の進め方

臨床検査技師のための
退職交渉の進め方

もくじ

退職交渉のポイント

  • 退職を進める際は、辞める前提で冷静に話をする
  • 原則として、転職先社名は退職の了承が得られるまで言わない
  • 切り出し方は、「●月末を持ちまして退社を希望しています。つきましては、引継ぎも含めて今後の仕事スケジュールを相談したいんですが」というのが基本
  • 現職への不満を伝えると、ひとつひとつ回答され、調整がますます難航するため控える
  • 最初の段階で「辞めることは決めている」「退職期日も決めている」ことを、しっかり伝える
  • 切り出した途端に、給与が上がったり、異動希望が叶ったりするケースがあるが、退職を切り出した事実は消えない
  • 退職の意思を明確に持ってお話を進め、「もう決めたことなので了解してほしい」「引継ぎはきっちり行うので会社に迷惑をかけません」をしっかり主張し、冷静に話す

退職交渉の流れ

1.まず「直属」の上司に話をする

内定を受諾した後は、翌日などできるだけ早く「直属の上司」に時間をとってもらい、静かな会議室やスペースなど落ち着いた場所で話を切り出しましょう。3日~1週間以上、どうしても時間を取ってもらえない場合は、次の職場への入職時期が決まっているケースも多くタイミングも重要になるため、まずはメールなどで最初の報告をするようにしてください。

また、直属の上司に伝える前に、さらに上の上長や同僚、部下などに先に伝えると、話がこじれてしまうケースがありますので避けましょう。

2.転職先の施設名・社名は言わない

トラブルの元になるため「転職先については、誰にも言わない。だから教えてほしい」と言われたとしても「心苦しいのですが、控えさせてください」で通しましょう。

どうしても言わなければいけない雰囲気になってしまった場合でも、整形外科のクリニック、某メーカーなど濁すことをおすすめします。

3.会社批判、現状不満につながる退職理由は言わない

「じゃあ変えてあげるよ」と言われ、強い引き止めに合う可能性があります。しかし、退職の申し出をするギリギリまで変わらなかった現状を、急に変えることは大変難しいです。

「あの時、給料を上げると言ってくれたから残ったのに、結局あがらなかった」「代わりに注意してくれると言っていたのに、その後変化はなく、あいまいにされた」など良い方向に向かわないケースも多く、結果的に再度転職活動を再開する方も多数いらっしゃいます。

4.成功の秘訣は、強い意志を見せ続けること

「本気だな、引き止めても無駄だな」と思わせることが重要。下手に引き止めの条件に耳を傾けたり、迷ったりしているそぶりを見せると、「まだ脈があるかもしれない」という期待をさせてしまい、退職交渉が長期化してしまう可能性があります。

5.話が平行線になったら一旦持ち帰る

「結論が出ないな」と感じたときには、「1日考えさせてください」と言って一旦持ち帰りましょう。そして翌日「よく考えましたが、意志は変わりません」と伝えると、意思が固いことが伝わり、徐々に諦めてくれるケースが多いです。

6.必ずログを残す

特に退職交渉が難航しそうな場合、いつ・誰と・どこで・どんな話をしたか、記録を残しておくことをおすすめします。メールのやりとりは必ず保存しておきましょう。


退職のお話は1~2回ではまとまらず、複数回にわたって行う覚悟が必要。我慢比べのようなところがあり、時間もかかるし精神的にも疲労度が高いものです。ただ、最初から「そういうものだ」と認識しておけば、精神的な負担を必要以上に負わずに済みますので、心構えしておきましょう。

退職交渉の心がまえ

感謝の気持ちを持ちつつ、冷静に伝える

先ほどから何度もキーワードとして出てきていますが、大事なことは感情的にならず、『冷静に』話をすること。相手に「しっかり考えた上で決断したことだ」「もう意思が翻ることはない」と、理解してもらいやすくなります。

また、転職するとはいえ、今までお世話になった職場。感謝の気持ちを忘れないことも重要です。「今まで育てていただき、ありがとうございました」というように、感謝の気持ちを持ちつつ話を進めることで、円満退職に繋がります。

転職するんだ、という意思を貫く

「退職したい」と申し出ると、ほとんどの方は一度引きとめに合います。しかし、意思を変えず「転職するんだ」という気持ちを貫いてください。辞めさせてもらう、のではなく「辞める権利を使わせてもらう」くらいの気持ちがベストです。

少しでも引きとめに耳を傾けると、「まだ残ってくれる可能性があるかもしれない」と相手に隙をあたえ、退職交渉がズルズル長引いてしまい、その結果内定先にも迷惑をかけることになってしまいます。

仮に、強烈な引き止めに負け、現職に残ることになっても、いったん退職を申し出た方への「またいつ辞めると言い出すかわからない」というマイナス評価は、あとあと尾を引きがちです。結果、肩身が狭くなり「あの時転職しておけばよかった」と後悔する方も多数いらっしゃいます。

そして、内定受諾後に辞退し迷惑をかけてしまった施設や企業には、もう二度と応募することはできないというリスクも知っておきましょう。

国家認定キャリアコンサルタント
T.I.がこの記事を監修しています

転職はお一人ひとり、ご事情も違えば、ご希望条件も違ってまいります。長年培ってきた経験から、お一人ひとりにオーダーメイドのご転職をサポートさせていただきます。

ページのトップへ