臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

2018年7月の転職市場の状況

臨床検査技師 2018年7月の転職市場の状況

7月の求人動向

7月も先月に引き続き求人は増加傾向です。

先月と同様に、やはり夏のボーナスが求人動向にも大きく影響してまいります。もともと、ボーナス支給後に転職を考えていた方や実際のボーナス額を見た上で不満をもった方が、本格的に転職を考えて動きだす月となります。退職の意向を伝える方が増えてきますので、当然、求人も増えてくる月となります。

又、特に企業の採用活動が活発になってまいります。決算月や半期決算月を迎える企業においては、新たな期を迎える10月からの入社に照準を合わせている企業もあります。その為、採用活動が本格化してくるのもこの7月からになります。

7月の転職希望者の動向

7月は転職希望者も増加傾向です。

求人動向と同様になりますが、ボーナス後に本格的に転職活動をスタートされる方が多くなるのが理由です。ただ、欠員募集の求人が多くなるため、退職者と同等のスキルを求められる事となり、選考ハードルは通常月に比べると高い傾向があります。病院やクリニックなどの医療機関への転職の場合は、エコー経験者であれば、求人数の増加と共に転職しやすい月になりますが、若手の方に関しては、転職活動が難航する可能性があります。

医療機器メーカーやCRC(治験コーディネーター)として治験企業など、企業系の求人が増える月でもあるため、医療機関以外の求人にも目を向けて選択肢を増やす事を視野に入れると良いかもしれません。

7月の積極採用求人

即戦力としてのエコー経験者を求める求人と医療機器メーカーやCRCとして治験企業の求人が多くなります。

7月の積極採用している求人の特長

7月の転職市場のまとめ

  • 求人、転職希望者ともに増加傾向
  • エコー経験者などの即戦力を求める医療機関の求人が増加
  • 医療機器メーカーやCRCとして治験企業の求人が増加
  • 若手の方は医療機関以外に、企業への転職も選択肢に入れる事をお勧め

上記を参考に7月の転職活動を進めていただければと思います。

転職活動の進め方についてわからない時やお悩みの際にはいつでもコンサルタントにご相談下さい。

【無料】臨床検査技師JOBの転職アドバイザーに相談してみる

転職アドバイス – バックナンバー

ページのトップへ