臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

総合病院から消化器専門病院への転職成功事例

総合病院から消化器専門病院への転職成功事例

2017年2月15日更新

本日は、総合病院から専門病院における転職成功事例についてお伝えいたします。

まずは今回の事例の概略からです。

20代後半の女性(埼玉県在住)

【施設】大規模総合病院(埼玉県内)→消化器系の専門病院(都内)

【担当】検体検査と生理機能担当(心電図)→内視鏡業務専任

【年収】転職前300万円→転職後320万円

転職しようと思ったきっかけ

ご相談頂いた当時は、お住まいとご経験、ご要望から2件ほど求人がございました。エコー検査を未経験から学べる病院と、内視鏡を学べるクリニックといった求人でした。結果としては残念ながら2件とも書類選考でお見送りになりました。2件ともそれぞれの経験者の方からの応募があったため、比較検討の結果とのことでした。未経験から受けれるといっても経験者からの応募があると比較の結果、採用に至らないケースも多いです。ちょうどそのタイミングで、内視鏡専任で働ける病院の求人が、新たに1件ほど求人を頂きました。その求人は弊社からのご紹介で、入職実績がある病院でした。しかも、内視鏡業務未経験から入職した経緯もあるところになります。そのため、病院情報も知っており、求人の詳細を説明もできたことから興味を持って頂き、応募意志を頂きました。最初の面接では本当に内視鏡検査に携わりたいか迷っておりましたが、2回の面接と職場見学がございました。面接時では、非常に丁寧な対応があったことから、内視鏡技師専任として頑張ってみたいと思うことができ、内定を受諾されました。

転職の方向性

転職活動のお打ち合わせをした時は自分のやりたい仕事についてとても迷っている様子でした。エコー検査経験がなかったため、エコー検査をやりたいお気持ちもございました。また、前から興味があった内視鏡業務に携わりたい気持ちもありました。上記の2つの仕事内容について、どちらに進むか決めかねている状況でした。そのため、まずは当初の要望にあった夜勤の無い求人を受験してから方向性を決めようという話でお話を進めました。

転職活動について

ご相談頂いた当時は、お住まいとご経験、ご要望から2件ほど求人がございました。エコー検査を未経験から学べる病院と、内視鏡を学べるクリニックといった求人でした。結果としては残念ながら2件とも書類選考でお見送りになりました。2件ともそれぞれの経験者の方からの応募があったため、比較検討の結果とのことでした。未経験から受けれるといっても経験者からの応募があると比較の結果、採用に至らないケースも多いです。ちょうどそのタイミングで、内視鏡専任で働ける病院の求人が、新たに1件ほど求人を頂きました。その求人は弊社からのご紹介で、入職実績がある病院でした。しかも、内視鏡業務未経験から入職した経緯もあるところになります。そのため、病院情報も知っており、求人の詳細を説明もできたことから興味を持って頂き、応募意志を頂きました。最初の面接では本当に内視鏡検査に携わりたいか迷っておりましたが、2回の面接と職場見学がございました。面接時では、非常に丁寧な対応があったことから、内視鏡技師専任として頑張ってみたいと思うことができ、内定を受諾されました。

転職サポートサービスを利用されて

実際に転職サポートを利用しまして、次のような感想を頂いております。

「面接が終わったときは内視鏡業務専任になって良いのか正直迷いました。迷っている中でもう1回面接の機会を頂けたので不安に思っていることも技師長さんにお話を聞いてもらえて、入職する覚悟がきまりました。」

転職の方向性がまとまっていなくても

転職の方向性がまとまっていなくても、実際に受けてみると希望が明確になるケースも多いです。自分がやりたい仕事内容がわからなく、迷っておりましたら、情報収集のためにも積極的に活動されてみてはいかがでしょうか。そのためのサポートは、私どもが担当致します。私経由であれば、応募後のお断りなど代わりに行います。お一人で転職活動されるよりも効率的に活動ができますので、コンサルタントとのやりとりがこれからでしたら、この機会にご相談ください。以上です。

【無料】臨床検査技師JOBの転職アドバイザーに相談してみる

転職アドバイス – バックナンバー