臨床検査技師の求人や転職情報なら、臨床検査技師JOB

超音波検査が学べる求人特集

臨床検査技師の超音波検査が学べる求人の状況についてです。超音波検査を未経験から学べる環境への転職を希望している臨床検査技師は非常に多いです。弊社が転職相談のご依頼を頂く件数でも上位を締める相談内容です。そのため、ライバルも非常に多いことを理解しておきましょう。

まず、臨床検査技師JOB内に掲載している超音波検査が学べる可能性がある求人の件数ですが、おおよそ101件ほどございます。エリア別で見てみますと、都市部と地方部においてまんべんなく求人が発生している状況です。どこかのエリアに集中して発生している状況ではございません。

ただ、超音波検査が未経験でも受け入れる求人については、件数から見てもそれほど多くはございません。臨床検査技師の求人数全体の1割にも満たないです。そのため、お住まい周辺に応募要件を満たす求人がなければ、近隣エリアへの転居して、経験を積まれてから地元に戻るUターン転職も視野に入れて活動されると超音波検査が学べる環境への転職が成功する可能性が高くなります。

病院とクリニック別の求人状況は次の通りです。

各業界の求人募集状況

病院の未経験エコーの求人状況

超音波検査が学べる可能性がある病院の求人ですが、おおよそ19件ほどございます。弊社が掲載している病院全体の求人数がおおよそ400件以上ございますので、全体の割合で見ますと10%未満ということがわかります。

超音波検査が未経験から学べる可能性のある病院の求人において求められる要件ですが、最も多いのがやはり生理機能検査の経験となります。主に心電図検査をはじめとした検査です。生理機能検査以外ですと採血検査の経験があると喜ばれる病院もございます。検体検査のみの経験から超音波検査が学べる可能性がある病院の求人に応募して採用は狭き門として理解したほうがよさそうです。そのため、検体検査のみのご経験であれば、生理検査の経験が積める環境への転職も視野に入れてみては如何でしょうか。

クリニックの未経験エコーの求人状況

超音波検査が学べる可能性があるクリニックの求人ですが、おおよそ15件ほどございます。弊社が掲載しているクリニックや健診センター全体の求人数がおおよそ200件以上ございますので、全体の割合で見ますとこちらも10%未満ということがわかります。

クリニックや健診センターの場合ですと、超音波検査以外に求められる検査経験は病院と同じですが、病院との違いで申し上げますと検体検査の経験のみですと更に厳しくなります。理由として検体検査は臨床検査センターなどに外注しているケースが多く、自院で検体検査対応をする機会が少ないことが挙げられます。そのため、検体検査の経験しかない場合は病院の求人を中心に探されたほうがよいでしょう。

また、クリニックや健診センターは臨床検査経験の他にマナーや接遇面も求められることが病院と比べて多いことが特徴として挙げられます。特に健診センターの場合ですと健常者を相手にすることが多いため、接遇面が問われるようです。そのため、クリニックや健診センターへの転職を希望の際は、マナーや接遇といったスキルを磨いてみては如何でしょうか。ちなみに病院とのスキル面での違いとしまして、数多くの人数をこなさないといけないことから効率を重視されます。この違いも事前に転職するうえでも理解しておきましょう。

エコーが学べる求人を探す

  • お祝い金
  • 臨床検査技師限定!あなたの年収、適正ですか?年収査定スタート
  • 最新の転職成功事例、書類・面接対策 臨床検査技師JOB通信
  • 学校では教えてくれない情報満載!! 【新卒版】臨床検査技師JOB通信

公式SNS

臨床検査技師JOB公式facebookページ
臨床検査技師JOB公式twitter

キャリアチェンジ

臨床検査技師経験を活かして、別の職種にチャレンジ!

  • CRCJOB

万全の個人情報管理

プライバシーマーク
  • 超音波セミナーなら
    usism
都道府県 施設 働き方 職種