臨床検査技師の求人・転職支援サービスの臨床検査技師JOB

臨床検査技師の年収・給料

臨床検査技師の平均年収は厚生労働省の調査※によると約470万円です。
調査対象期間は2017年(平成29年)で、現在では最新のデータになります。


年収470万円と聞くと

臨床検査技師の人なら「今貰っている私のお給料ってとても低いな…自分だけ特別低いのかな…」

一般の人なら「臨床検査技師ってけっこうお金が貰える仕事なのかな?」

と思いますよね。


実はこの金額は新卒の臨床検査技師やベテラン臨床検査技師、管理職の臨床検査技師まで、すべての臨床検査技師のお給料の平均です。

年収270万円の人もいれば、年収600万円を超える人もいます。

年収は大学を卒業したか専門学校を卒業したかによって変わるのはもちろんのこと、臨床検査技師としての経験年数やマネジメント経験や勤務する施設によって変わってきます。


ここでは厚生労働省が調査した臨床検査技師の給料について男女別・年齢別について詳しく解説し、

「臨床検査技師に興味があるけれど、お給料はどれくらいなのかな?」

「今の私は適正なお給料をもらっているのかな?」

というあなたの疑問を解決します。


また、厚生労働省の調査結果にはない、臨床検査技師JOBオリジナルの施設別・経験年数別の年収についても詳しく解説します。

年間1,000名を超える臨床検査技師の転職サポートを行っている臨床検査技師JOBだからこそ公開できる、他サイトにはないデータなのです。


なお、平均年収はあくまでも今働いている臨床検査技師の平均年収であり、転職する際に提示される年収の平均とは異なりますのでご注意ください。

※出典元:厚生労働統計一覧(賃金構造基本統計調査)

もくじ

年齢別・男女別の平均年収について

早速年齢別の平均年収を見ていきましょう。

年齢別の平均年収※
年齢
男性
女性
20~24歳
337万円 343万円
25~29歳
402万円 395万円
30~34歳
428万円 429万円
35~39歳
514万円 486万円
40~44歳
593万円 478万円
45~49歳
613万円 542万円
50~54歳
673万円 528万円
55~59歳
666万円 548万円
60~64歳
420万円 430万円
65~69歳
245万円 360万円
70歳~
1206万円 391万円
平均年収
495万円 456万円

女性よりも男性の方が給料を多くもらえる傾向にあるようです。

男性だと30歳になる前に年収400万円を貰っている人も多そうですね。

管理職が増える50歳以上ですと、年収650万円を超えるようです。


女性だと年収400万円を超えてくるのは30歳くらいからでしょうか。

40代になると男性と比べて年収が100万円ほど少ないようです。


60歳以上の年収の平均ですが、60歳以上で働いている方は男性:900人程度、女性:1,100人程度とそこまで多くなく、年によりばらつきはあります。



臨床検査技師は勤務先の病院や検査センターによっては、夜勤や当直があります。

ここに記載されている年収は、夜勤手当や当直手当が含まれた金額になります。

夜勤や当直がない場合には、貰える年収も当然低くなりますのでご注意ください。

※出典元:厚生労働統計一覧(賃金構造基本統計調査)

20代の平均年収は?

若いうちにたくさん遊びたい!結婚したい!という方はどうしてもお金が必要になってきます。

そこで20代の臨床検査技師は、他のコメディカル職種と比べてお金がもらえるのだろうか・・・と気になるところ。

20代の臨床検査技師、理学療法士、看護師の年収を男女別で比べてみましょう。

※診療放射線技師の年齢別の年収は厚生労働省では公開しておりません

他職種との比較※
職種/性別
20歳~24歳
25歳~29歳
臨床検査技師/男性
337万円 402万円
看護師/男性
374万円 460万円
理学・作業療法士/男性
329万円 390万円
臨床検査技師/女性
343万円 402万円
看護師/女性
389万円 456万円
理学・作業療法士/女性
323万円 379万円

男性の場合、臨床検査技師と理学療法士だと20代の平均年収にそんなに差はないようです。

看護師と比べると、臨床検査技師のほうが20代の平均年収は低いです。


女性の場合、臨床検査技師と理学療法士を比べると、臨床検査技師のほうが若干平均年収は高い傾向にあります。

ですが、看護師と比べると20代の平均年収は少ないです。


もちろん、勤務する施設の違いや、夜勤の有無、残業の多い少ないはあります。

若いうちになるべくお金がほしい!となると臨床検査技師よりも看護師を選択するほうがよいです。


※出典元:厚生労働統計一覧(賃金構造基本統計調査)

他のコメディカル職種との差は?

他職種との比較※
職種
男性
女性
臨床検査技師
495万円 456万円
看護師
490万円 477万円
診療放射線技師
523万円 440万円
理学・作業療法士
413万円 397万円

男性の場合、看護師と臨床検査技師だと差はないようです。

診療放射線技師と比べると臨床検査技師の方が低くなります。


女性の場合、診療放射線技師とはほぼ大差ないですが、看護師と比べると看護師のほうが、年収が高いようです。


男女に共通して言えるのは同じコメディカル職種でも、リハビリ職種である理学・作業療法士と比べると、臨床検査技師のほうが平均年収は高いです。

あくまでも平均年収ですので、勤務先はもちろん、夜勤や当直の有無によって変わってきますのでご注意ください。


※出典元:厚生労働統計一覧(賃金構造基本統計調査)

臨床検査技師で年収1000万円は実現可能!?

年収1000万円と聞くと、すごいお金持ちのイメージがありますよね。

一生臨床検査技師として働く上で、年収1000万円が実現できるのか気になるところ・・・

果たして臨床検査技師で年収1000万円は実現可能なのでしょうか?


結論から言うと可能です。


ですが、実現できる可能性は相当低いです。

実現できるパターンとして考えられるのは以下の通りです。

  1. 医療機器メーカーなど大手企業の管理職
  2. 医療機関の中で技師長+経営部門の兼務

1つ目は、臨床検査技師の経験・知識を生かして働ける、医療機器メーカーや治験関連企業、臨床検査センターなどの大手企業の中で部門長や取締役などの管理職のポストについた場合。

2つ目は、医療機関の中で、技師長という現場の責任者だけでなく、例えば 事務長(管理部門の責任者)や理事など、医療機関の経営部門のポストを兼務している場合などが挙げられます。


臨床検査技師として年収1000万円を実現するには、どちらも転職してすぐにできる訳では無く、それなりの年月と実績が必要になるでしょう。

病院の年収・給料について

病院の平均給料
経験年数
平均年収
新卒~3年
250万円~399万円
3年~5年
300万円~429万円
5年~
330万円~500万円

病院の場合、経験年数でみても貰えるお給料幅がかなりあります。

この理由は2つあります。

1つ目の理由は、賞与が2ヶ月~5ヶ月と病院によって幅が大幅に変わるためです。(病院の規模によってお給料に差が出ることは予めご了承下さい。)

賞与は病院の業績によっても変わってくるため、就職や転職をする際には、病院の業績や賞与の前年度実績を調べておくと良いでしょう。

2つ目の理由は、超音波検査(エコー)を行っているかどうかです。

エコーを行っているとやはり他の臨床検査技師よりもお給料が高くなります。

また、同じ病院でも、「大学病院」「国立病院」「公立病院」「その他公的病院」「民間病院」によって、お給料は変わってきます。

臨床検査技師JOBでも超音波検査(エコー)が学べる求人は取り扱っておりますので、将来的に超音波検査(エコー)のスキルを身につけて、お給料を上げたい!という方は、下記のリンクより求人を探してみてくださいね。

クリニック・健診センターの年収・給料について

クリニック・健診センターの平均給料
経験年数
平均年収
新卒~3年
250万円~429万円
3年~5年
300万円~459万円
5年~
330万円~500万円

クリニックの場合も、貰えるお給料幅がかなりあります。

賞与の幅が平均すると2ヶ月~4ヶ月となりますが、賞与がほとんどないクリニック・健診センターもあるようです。

病院勤務の臨床検査技師と同様に、エコーを行っているとお給料はぐんと上がります。

クリニック・健診センターは、夜勤がほぼない分、基本給与が高い傾向です。


お給料もそこそこで、ワークライフバランスを重視したい!という場合には夜勤がほぼ無いクリニック・健診センターはおすすめですが、人数が少ないため、事務対応を求められることも多く、仕事量や責任も大きくなります。

検査センターの年収・給料について

検査センターの平均給料
経験年数
平均年収
新卒~3年
250万円~329万円
3年~5年
300万円~359万円
5年~
330万円~429万円

検査センターの場合、病院・クリニック・健診センターとくらべて、年収の幅がそんなに大きくありません。

理由としては、検査センターは専門学校卒の人の割合が多くなるため、経験年数で平均すると年収が低くなってしまいます。

また、行うのが検体検査・病理検査だけですので、超音波検査(エコー)がない分、業務の幅が少なく、平均すると年収の上がり幅が少ない状況となっています。


ですが、夜勤が病院よりも多くなる場合があるので、一概に検査センターはお給料が低いとは言えません。

検査センターは企業のため、病院よりも細かく役職があり、お給料が上がるチャンスは多く、認められれば大幅なお給料アップが見込めます!

治験コーディネーター(CRC)の年収・給料について

治験コーディネーター(CRC)の平均給料
経験年数
平均年収
新卒~3年
360万円~429万円
3年~5年
430万円~499万円
5年~
460万円~499万円

治験コーディネーター(CRC)は月の給料と賞与の平均が3~4カ月と基本的な給料が高い傾向にあります。もちろんその分医療職よりもお仕事が大変なことも多いです。

また、2年勤務すると受験資格が得られる”CRC認定資格”を取得すると、資格手当として、月2~3万円ほどの手当が付くケースが多い為、年収ベースで24~36万円上がることもあり、病院やクリニックより月給が大きいことが特徴です。

臨床検査技師の資格・経験を活かせるのは病院やクリニックだけではありません。治験コーディネーター(CRC)もお給料は高くやりがいのあるお仕事ですのでぜひ選択肢の1つとしてくださいね。

臨床開発モニター(CRA)の年収・給料について

臨床開発モニター(CRA)の平均給料
経験年数
平均年収
新卒~3年
360万円~499万円
3年~5年
460万円~649万円
5年~
650万円~

臨床開発モニター(CRA)は月の給料と賞与の平均が3~4カ月と基本的な給料が、病院やクリニックで働く臨床検査技師や治験コーディネーター(CRC)よりも高いのですが、選考のハードルがとても高いです。

給料の上がり幅も他の職種に比べて大きい分、業務量をはじめストレスのかかり方や拘束時間も長い為、肉体的にも精神的にも強さが求められます。

また、未経験であれば20代を求めている傾向が強く、30代からの転職であれば、更に狭き門となり勤務地も東京もしくは大阪と限定され、エリアが選べないことも特徴です。

医療機器メーカーの年収・給料について

アプリケーションスペシャリスト(ASP)の平均給料
経験年数
平均年収
新卒~3年
360万円~499万円
3年~5年
460万円~649万円
5年~
500万円~649万円

アプリケーションスペシャリストはお給料も高く、夜勤も無いため、非常に人気のあるお仕事です。

アプリケーションスペシャリストは残業や出張が多い為、肉体的・精神的強さとフットワークの軽さが求められます。

残業時間が平均40時間以上と拘束時間が長い分、企業にもよりますが、初年度から年収400万円以上も十分狙えます。

選考の難易度も臨床開発モニター(CRA)に比べると若干低いですが、お仕事は臨床開発モニター(CRA)と同じくハードになるでしょう。

お給料が適正ではないと感じた方へ

「私の適正年収はいくらなのだろう?」と思った方へ

臨床検査技師JOBでは毎年1,000人の転職支援を行っておりますので、たくさんの臨床検査技師の経験・施設・地域別のお給料情報を持っています。そこから、臨床検査技師JOBにしかない臨床検査技師専用の自動年収査定コンテンツを作りました!

ご自身の適正年収を知りたい場合は、完全無料の年収査定で適正年収を把握してくださいね。

年収を上げたいなと思った方へ

臨床検査技師に特化したコンサルタントが、あなたの経験・スキル・希望勤務地・今現在の求人状況から、あなたにマッチした年収が上がる求人があるのか素直にお答えします。

求人の状況もございますので、「100%年収が上がります!」というお約束はむずかしいのですが、内定が出た際のお給料の交渉はコンサルタントが代わりに行いますので、お一人で転職活動を行うよりも、年収を上げられる可能性は高くなりますよ。

また、「今の職場でもう少し経験を積んだほうが、年収を上げる転職がしやすくなる。」という、今現在は転職をしないほうがいいというアドバイスもさせていただきます。

もちろん無理に転職をすすめることは絶対にありませんのでお気軽にお申し込み下さい。

【無料】転職アドバイザーに相談してみる♪

ページのトップへ